婦人

書道の道

スーツの男性

最近は電子機器の普及によって文字を紙に記入する機会がかなり少なくなってきています。昔はスラスラと綺麗に書けていたはずの漢字や平仮名といった文字が急に思い出せなくなったり、書けても歪で見た目の印象が良くない文字だったりしてショックを受けた経験がある人も多いでしょう。漢字は日本人であれば綺麗に書けるようにしていたいものです。最近は漢字を綺麗に書きたいと思う人が多いため、書道家のニーズが高まってきていると言えます。書道家を志している人も増えてきているのですが、どのようにすれば書道家になれるのか詳しく分からない人がほとんどでしょう。書道家になるためには綺麗な文章を書けることに加えて、教員免許が必要になる場合があります。今後の書道家としての方針によって必要な資格があるので、注意しておきましょう。

書道家として活動して行く中で人に指導を行なう場合は、教員免許を取得することで自ら書道教室をひらいたり、様々な学校で働くことが主になってくるでしょう。書道を学校で教える場合には、扱いは国語や芸術の範囲になってきます。また、個人で書道家として活動する場合には芸術家としての道もあります。自分が書いた書の作品を出展したり、コンクールに出したりすることによって世間に認められるようになれば、非常にやりがいを見出だせるでしょう。そのような領域になるまでには、多くの場合すでに実力者として認められている書道家の弟子になり、自分の技術を磨いている人が多いようです。